管理コンサルタント

  • HOME »
  • 管理コンサルタント

建物管理顧問委託契約のご提案

賃貸マンションを「経営」していく上で、当然入り用になって来ますのがご承知の通り「管理業務」と呼ばれるマンションを良好に「運営」していく為に必要な業務があります。
この「管理業務」はマンションのグレードを決める1要素でありますが、時としてこれの良し悪しが、建物の良し悪しにも負けるとも劣らぬくらいの影響を及ぼします。
この為どちらのマンションオーナー様もこの「管理業務」を家内で賄われたり、マンション管理会社に委託されたりされております。
又ご自分が別に仕事をお持ちのオーナー様であれば管理会社に任せたほうが気楽で、安心かもしれません。
しかしマンション管理会社の管理委託料のマンション収入に占める割合は小規模マンションほど割高となり儲けを0にするほどの費用がかかるのが現実です。誰のためにマンション経営をしているのか判らなくなります。


弊社では従来からマンション経営上の観点より小規模マンションにおいてはオーナー様自らも管理業務に参画され、管理業務の必要項目並びにその必要性も良く熟知されたうえで、自ら出来ることと本職に任す事を種別けし実施されることが必要と考えております。
ただ、そこにおいてもコストに目をそらされて管理のグレードを落す事のないようにしなければなりません。
オーナー様が自ら実施されるマンション管理業務を業務別に細分化すると、自身で手を下しても大した手間も掛からないし成果も本職と遜色もないという事と、本職に頼み的確迅速にこなさなければならない事、本職でなければ出来ない事の種別けが出てくるものです。


弊社では設計事務所としての建築の専門家、建物の作り手側としてのノウハウ及び賃貸マンションを長く、数多く手掛けた物的、人的経験・体験を通して得たノウハウを駆使して、オーナー様自身によるマンションの自己管理が可能になるように各種のサポートを提供いたします。
弊社をオーナー様が管理業務を実施する上での顧問役として位置付けていただきましたら、管理業務は全てオーナーの責任で実施出来ますように、常に二人三脚で相談、アドバイス、検討しながら進め、実施の業務は弊社にて代行実行をお引き受けします。
又弊社におきましても顧問先相互での業務の集約化による、スケールメリットにより、一層のコストダウンを計ることにより顧問先様に対しリーズナブルな管理実施費用でもって専任管理会社にも引けを取らない優れたマンション管理を実現させます。

では次に一口にマンション管理と言われる業務の内容を一通り列挙します。

  1. マンション入居者の入居募集
  2. 応募者の審査
  3. 契約
  4. 入居準備、入居者への入室案内
  5. 家賃の請求業務
  6. 家賃回収確認、督促作業
  7. 共用部諸経費・その他費用の請求受付
  8. 諸費用の支払い
  9. 入居者からの問い合わせ受付
  10. 同 事柄検討
  11. 同 回答
  12. 建物の日常点検
  13. 日常清掃の実施
  14. 定期清掃の実施
  15. 入居者から室内機器の不具合申告の受付
  16. 同 作業費用の検討
  17. 同 点検・修理手配
  18. 同 点検・修理立会い・確認
  19. 各点検により不具合発見
  20. 同 点検依頼
  21. 金額検討・修理手配
  22. 修理立会い・確認
  23. 退去連絡受付
  24. 再募集手配
  25. 解約事務処理
  26. 退去立会
  27. 退去清算事務
  28. 退去室の修復方法検討
  29. 退去室の修復・業者手配
  30. 修復確認
  31. 建物の法令に基づく各種、定期点検・検査
  32. 建物の定期点検・メンテナンスの実施
  33. 日常のメンテナンス(照明球の交換、軽修理か所の修理)
  34. 故障・事故の発生
  35. 同 確認
  36. 同 修理方法の検討・修理手配
  37. 同 完了確認
  38. 年間経費の確認・検討
  39. 中長期の修繕計画立案・検討
  40. 中長期修繕の実施

・・・・・・・・・・・・・・・

まだまだ続きますがマンションを良好に、しかも入居者にも喜ばれる管理を実行しようとするとナカナカ大変な作業があります。
そこで弊社ではオーナー様の自己管理であっても良好な管理を実現するために弊社がオーナー様をサポートし、オーナー様では出来難い管理実務を代わりにお引き受けいたします。
オーナー様の建物運営を弊社側で十分掌握させていただく意味でも取り組み方として、サポート役として、まず管理顧問として全般に関わらさせていただくため の管理顧問業務のパック業務を基本として以降、オーナー様毎でのご事情に応じて、ご自身で「どれくらい手を下せるか」の実情に応じて追加業務をお引き受け するオプション業務部分に分けております。

監理顧問業務(1)~建物をメンテナンスして行くために~~建物をうまくメンテナンスして行くために~

  1. 管理建物の定期点検。(年3回程度)
  2. オーナー様による、日常メンテナンス実施の為の助言・協力
  3. 建物及び設備トラブル時の助言・協力、修理工事の代行発注、監督
  4. 緊急時に弊社社員の出動、応急対応
  5. 時代にマッチした改善の提案、実施
  6. 計画修繕工事の計画

監理顧問業務(2)~建物をメンテナンスして行くために~~建物をうまく運営して行くために~

  1. 入居者よりの問い合わせ・クレーム、退去連絡の受付につきまして弊社フリーダイヤルにて直接受付、取次ぎ対応のフロント業務。(日祝祭日を除く9:00~19:00)
  2. 家賃未納・遅延等収納問題の指導・助言
  3. 弊社顧問弁護士による指導・助言。
  4. 入居者への広報活動の実施
  5. マンション運営に必要な各種書式の提供。
  6. 時代にマッチした運営方法の提案、実施

監理顧問業務(3)~オプション業務~

  1. 法令上義務付けのある点検・検査の実施及び報告の業務の代行
  2. 各種機器メンテナンス会社との折衝、メンテナンス契約の代行契約
  3. 貸室入居時、解約時、退去時の事務処理
      貸室明け渡し時の立会・原状回復項目の説明
      退去者への精算書作成、事務処理
      現況点検
      修復方法の検討・立案
    • 退去室の修復工事の発注・工事管理
      再募集事務
      入居申込受付・交渉・入居予定者の身上調査
      契約事務・精算事務
      入居案内作成・鍵交換・貸室入居時の立会説明
  4. 計画修繕工事の企画・工事の発注、監督

以上


いかがでしょうか?
弊社の管理顧問のアピールも兼ねてマンションの管理業務を再確認してみましたが、こうして改めて、再確認してみると多岐に渡る項目が在る事に認識を新たにされるのではないでしょうか。
周辺の動向を良く見据えながらこれらの管理業務を十分に、こなしていくことが、現入居者の満足度、定着率の向上にもつながり、ひいてはマンションの評価となって現れ、結果、入居率の向上、経営の安定につながっていくものと考えております。

お問い合わせご質問は下記までご連絡下さい。

PAGETOP
Copyright © U+A design atelier All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.